トイレの水漏れをとりあえず今すぐ止める方法

トイレの水漏れをとりあえず今すぐ止める方法 トイレの水漏れは、家の中で起こる水による被害の中でも大惨事になりやすいものです。トイレの配管は太めであること、水を貯めるタンクもあり、なにより用を足す場所ですから、水自体が汚水と言えます。
タンクの水はきれいと思われるかもしれませんが、タンクの内部を掃除することはほとんどないのが一般的なので、タンク内の水も意外と汚いのです。そんな場所から水が漏れ出せば、水自体の量もさることながら、水自体が汚いので早く止めないと大惨事になります。
トイレの水漏れは業者を呼ぶのが基本ですが、業者が来るまでに家にあるマイナスドライバーで水漏れを止める方法があります。

■まずは水漏れがどこから起きているかを調べる

トイレが水漏れをする場合、タンク周りから漏れている事がほとんどですが、配管の劣化などで水道管や排水管から漏れたり、便器から漏れていることもあります。漏れている場所によって応急処置の方法が変わるので、まずはどこから漏れているかを調べるのですが、大量の水漏れが無い限りどこから漏れているのかはなかなか見分けられないものです。漏れた水は上から下に流れるので、上から漏れている場所を探していくと見つけやすくなります。
場所さえ特定できれば、あとは応急処置をするだけです。
ただし、あくまで応急処置なのでそのままにしておくと被害が拡大することに注意してください。

■タンク周辺から水が漏れている場合
タンク周辺から水が漏れている場合は、タンクに水を通す配管に止水栓があるので、それを回して水を止めます。場所はトイレによって多少の差がありますが、多くは壁から出ている配管のすぐそばにあります。マイナスドライバーで回せる様になっており、マイナスドライバーを差し込んで回すと水が止まります。
止水栓が便器の内部にあるタイプは、便器の後ろがパネルになっているので、これを外せば止水栓が見えます。このタイプは手で止水栓が回せる事が多いので、そのまま閉めれば水が止まります。タンク下部からの漏れの場合は止水したあとに水を流すと、タンクが空になるので漏れが止まります。

■配管類から水が漏れている場合

配管から水が漏れているときは、タンクの水漏れと同様の方法で止水栓を止めるのが有効です。配管に問題がある場合は水を止めた時点で止まることが多いですが、配管のどこから漏れているかによっては止水栓を止めても意味がないときがあります。
壁や天井にある給水管から漏れていると、トイレ内の止水栓を止めても意味がないので、水道自体の止水栓で家の水をすべて止める必要があります。また、水を流したときに排水管から漏れる場合はタンクそばの止水栓で水を止め、タンクから便器に流れる水を止めることで漏れが止まります。壁や天井にある配管や、排水管から水が漏れる事はまれですが、住宅設備の1つである水回りの配管は劣化するので、古い住宅では起こる可能性があります。
トイレの水漏れは、まず供給される水を止める事が大事です。物理的に漏れている場所をどうにかしようとしても、流れる水自体が邪魔になるので、まずは元を断つのが有効です。

■ まとめ
トイレから水が漏れると、水が溢れ出て床を濡らす等の被害をもたらします。少量の水でも気がついたときは水たまりができている事もあるので、発見したら即対応しないと被害が拡大します。
基本は水を止める事で、トイレにある止水栓、または家の敷地内にある水道全体の止水栓を回して止めることが、被害を最小限に押さえてくれます。必要なのは、マイナスドライバー1本だけです。
物理的なトイレ 水漏れへの対処は難しいので、まずは水を止めて流れる水自体をなくしてしまい、それから業者を呼ぶのが正しい対処法です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース